ウィチタ族(読み)ウィチタぞく(英語表記)Wichita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィチタ族
ウィチタぞく
Wichita

カドー語を話す北アメリカインディアンの一民族。かつてはアメリカのアーカンソー川の近くに住み,カドー語を話す他民族と同じように,トウモロコシを栽培し,円錐形丸太小屋に暮し,ときにはティピーというテントで移動しながら野牛狩猟を行なった。入墨をする者が多い。北方諸民族の勢力に押されて 18世紀末にはテキサス州まで南下したが,1867年にはオクラホマ州指定居留地に移された。推定人口約 500。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android