てんと(読み)テント

デジタル大辞泉の解説

てん‐と

[副]
(打消しまたは否定的な意味の語を伴って)まるっきり。てんで。とんと。
「―女郎の指切るは珍しからぬとて」〈浮・禁短気・三〉
まったく。本当に。
「名ばかり聞いて逢うたは今、―御器量」〈浄・手習鑑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんと

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)ちっとも。一向に。まるきり。 「 -聞こえぬ/狂言記・釣女」
本当に。まったく。 「舞台の方から御見物を見た所はよほどの一興、-たまらず/滑稽本・客者評判記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐と

〘副〙 (「てんに」「てんで」などと同語源か)
① すっかりその状態であるさま、疑問に思う余地のないさまなどを表わす語。まったく。十分に。ほんとうに。
※評判記・野郎大仏師(1667‐68)序「おちやの日をまつかさの、かさねてと契つつ、そわでとしふるてんと身ぞつらき」
② (打消表現を伴って) 物事をまったく否定するさまを表わす語。さっぱり。まるきり。一向に。てんで。
※狂言記・釣女(1660)「てんときこゑぬ」
③ きちんとしたさまを表わす語。
※歌謡・松の葉(1703)二・狭ごろも「厭はぬ心にてんと結ふた髪を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てんとの関連情報