コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てんと テント

デジタル大辞泉の解説

てん‐と

[副]
(打消しまたは否定的な意味の語を伴って)まるっきり。てんで。とんと。
「―女郎の指切るは珍しからぬとて」〈浮・禁短気・三〉
まったく。本当に。
「名ばかり聞いて逢うたは今、―御器量」〈浄・手習鑑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんと

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)ちっとも。一向に。まるきり。 「 -聞こえぬ/狂言記・釣女」
本当に。まったく。 「舞台の方から御見物を見た所はよほどの一興、-たまらず/滑稽本・客者評判記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てんとの関連キーワード都・兎・吐・図・土・堵・塗・妬・屠・度・徒・斗・杜・渡・登・賭・途・都秋田県秋田市泉三嶽根行幸(ぎょうこう)天道虫・瓢虫・紅娘石川県金沢市小立野平野吉兵衛(初代)山口県防府市下右田神奈川県平塚市真田北海道網走市網走国定公園明治天皇巡幸大日本武徳会てんつくてん網走(市)右田毛利氏天江 富弥宮崎神宮島津貞久村上天皇脱退騒動

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てんとの関連情報