ウィルの防衛軍事協定(読み)ウィルのぼうえいぐんじきょうてい(英語表記)Defensionale von Wil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルの防衛軍事協定
ウィルのぼうえいぐんじきょうてい
Defensionale von Wil

三十年戦争後半期,スイス各州が結んだ防衛軍事に関する協定。 17世紀前半ドイツは三十年戦争の争乱の巷となり,列強は干渉をほしいままにしたが,スイスは列強の同盟要請を拒否し,中立を守った。戦争の後半期にしばしば領土侵犯をされるに及んで,スイス各州は 1647年にウィルにおいて防衛軍事協定を締結した。国境防衛軍と軍事会議を創設し,武装中立の出発点となった。 68年に協定は修正,強化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android