コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

争乱 ソウラン

デジタル大辞泉の解説

そう‐らん〔サウ‐〕【争乱】

争いが起こって世の中が乱れること。また、世の中を乱す争い。「争乱の世」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうらん【争乱】

争いが起こって、乱れること。また、争い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

争乱の関連キーワード治承・寿永の内乱秋の夜の長物語『三国志演義』朽木稙綱(1)ユグノー戦争上杉禅秀の乱安東氏の乱佐々木道誉波瀾・波乱征夷大将軍出羽房雲厳キングダム観応の擾乱エクセター二本松義継藤原秀衡総追捕使宇佐公房織豊政権草野永平

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

争乱の関連情報