ウィーン・コンツェルトハウス弦楽四重奏団(読み)うぃーんこんつぇるとはうすげんがくしじゅうそうだん(英語表記)Wiener Konzerthaus Quartett

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の団員であった、アントン・カンパー、マリア・ティッツェ、エーリヒ・ワイス、フランツ・クワルダにより1934年に結成された弦楽四重奏団。おもにウィーンのコンツェルトハウスで演奏会を行ったため、この名称がつけられた。ハイドンやシューベルトの作品に端正で情緒豊かな解釈を試み、とくに第二次世界大戦後名声を獲得したが、67年に解散した。この間、60年(昭和35)と62年に来日した。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android