ウィーン・コンツェルトハウス弦楽四重奏団(読み)うぃーんこんつぇるとはうすげんがくしじゅうそうだん(英語表記)Wiener Konzerthaus Quartett

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィーン・コンツェルトハウス弦楽四重奏団
うぃーんこんつぇるとはうすげんがくしじゅうそうだん
Wiener Konzerthaus Quartett

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の団員であった、アントン・カンパー、マリア・ティッツェ、エーリヒ・ワイス、フランツ・クワルダにより1934年に結成された弦楽四重奏団。おもにウィーンのコンツェルトハウスで演奏会を行ったため、この名称がつけられた。ハイドンやシューベルトの作品に端正で情緒豊かな解釈を試み、とくに第二次世界大戦後名声を獲得したが、67年に解散した。この間、60年(昭和35)と62年に来日した。

[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android