コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演奏会 えんそうかい concert

翻訳|concert

4件 の用語解説(演奏会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

演奏会
えんそうかい
concert

一般聴衆のために音楽を演奏する催し。 17世紀末までは,音楽演奏は教会,貴族の館,アカデミーコレギウム・ムジクムなどの私的な集りで行われた。最初の公開演奏会は 1637年ベネチアの聖カッシアノ劇場のオペラ上演であり,72年以来ロンドンでも盛んに催された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えんそう‐かい〔‐クワイ〕【演奏会】

聴衆を集めて音楽を演奏する催し。コンサート

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えんそうかい【演奏会】

演奏を多数の人にきかせる会。コンサート。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

演奏会
えんそうかい
concert 英語 フランス語

一般市民など不特定多数の聴衆を対象とした、音楽の演奏を鑑賞する公開の会合。オーケストラなど一団の音楽家たちの演奏会(コンサート)の名称として用いる場合が多く、個人あるいは小人数による場合は一般に独奏(唱)会(リサイタル)とよばれる。ヨーロッパにおいては、演奏会にあたるドイツ語Konzertやイタリア語concertoが協奏曲をも意味するように、公開の演奏会の歴史はオーケストラの発展と密接に結び付いている。
 17世紀中期までの音楽演奏の場は、教会、王侯貴族や富豪の館(やかた)、あるいは特定の芸術団体であるアカデミーや、大学を母体とするコレギウム・ムシクムに限られ、一般市民が優れた音楽演奏に接しうる場は教会のみであった。市民への音楽の開放は、1637年に開設されたベネチアのサン・カッシアーノ劇場におけるオペラ公演に始まるが、最初の公開演奏会は、作曲家兼歌手ベン・ウォーリングトンの主宰によって1664年にロンドンで開催されたと伝えられる。器楽に関する本格的な公開演奏会は、ロンドン生まれの作曲家兼バイオリン奏者ジョン・バニスターが自宅を演奏会場として1673年に出発している。
 バロックの協奏曲や古典派の交響曲など、オーケストラ音楽の開花期となる18世紀に入ると、ヨーロッパ各地に歴史的に名高い定期的な公開演奏会が誕生する。なかでも、ロンドンの古楽アカデミー(1710発足)、バッハ・アーベル演奏会(1765)、ザロモン演奏会(1783)、パリのコンセール・スピリチュエル(1725)、コンセール・デ・ザマトゥール(1769)、ライプツィヒのゲバントハウス演奏会(1781)などが注目される。宮廷音楽が崩壊し、一般市民が音楽の担い手となった19世紀と20世紀においては、公開演奏会はオペラとともに西洋音楽生活の中心的存在となっている。[中野博詞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

演奏会の関連キーワード管弦音楽会音楽隊楽団楽堂献奏吹奏奏楽奏する生演奏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

演奏会の関連情報