ウイゴンベ(読み)ういごんべ(英語表記)Many-rays hand-fish

  • Cyprinocirrhites polyactis
  • swallowtail hawkfish
  • ういごんべ / 宇井権兵衛

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬骨魚綱スズキ目ゴンベ科に属する海水魚。千葉県館山(たてやま)以南、西部太平洋、インド洋、マダガスカルまで分布する。背びれ軟条は16~17体と多く、尾びれの後端は深く二叉(にさ)するのがこの種の特徴である。体は高く、よく側扁(そくへん)する。頭の背面は目の上でくぼむ。口は小さいが、上顎(じょうがく)の後端は目の前縁を越える。背びれ各棘(きょく)の先端から数本の皮弁が出る。第1軟条は糸状に長く伸びる。胸びれ下部の6軟条は肥厚する。体は一様に橙色で、体側に不鮮明な不定形の暗色斑紋(はんもん)がある。全長15センチメートルほどになる。20メートル以浅の岩礁域で海底から離れて遊泳し、危険が迫ると岩穴に逃げ込む。おもに遊泳性の小型甲殻類を食べる。

[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android