ウェストミンスター宮殿,ウェストミンスター寺院及びセント・マーガレット教会(読み)ウェストミンスターきゅうでんウェストミンスターじいんおよびセントマーガレットきょうかい

百科事典マイペディアの解説

ウェストミンスター宮殿,ウェストミンスター寺院及びセント・マーガレット教会【ウェストミンスターきゅうでんウェストミンスターじいんおよびセントマーガレットきょうかい】

イギリスの首都ロンドンの中心部,テムズ河畔に位置してランドマークの1つともなっている国会議事堂は,11世紀にウェストミンスター宮殿として建てられたもので,隣接して同時代に建てられた王室とゆかりの深いウェストミンスター寺院と共に,イギリスゴシック建築の代表的なものといわれている。また寺院の北側には11〜12世紀に建てられたセント・マーガレット教会があり,いずれも建築後幾度もの修復,改築を重ねて現在の姿になっている。1987年世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android