王室(読み)おうしつ(英語表記)royal houshold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王室
おうしつ
royal houshold

狭義には国王の家門,一族をさすが,広義にはその拡大としての王の宮廷を意味する。中世から近代初期の絶対主義時代にかけて,ヨーロッパの君主政治の中核は君主の宮廷であり,中央の諸政庁はここに統合されていた。封建制度のもとでは,王国内の領主たちがそれぞれインムニテート (不入権) を有し,所領内の民を政治的に支配していたから,王室に属する役人の統治活動は,原理上,王の直轄領にしか及ばなかった。しかし中世末期以来,司法,財政のうえで,王室の支配は次第に領主権の独立性を掘りくずし,身分制国家から絶対主義国家への発展のなかで,王室の官僚機構による行政が全国に押広げられることとなる。国土,国民は王家の財産のごとくにみなされ,王室同士の婚姻関係や相続関係が,この時期の国際政治を規定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おうしつ【王室】

王を中心としたその一族。王家。また、皇室のことにもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王室の関連情報