王室(読み)オウシツ(英語表記)royal houshold

デジタル大辞泉 「王室」の意味・読み・例文・類語

おう‐しつ〔ワウ‐〕【王室】

国王一家一族王家おうけ。また、皇室のことにもいう。
[類語]皇室皇族帝室王族

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「王室」の意味・読み・例文・類語

おう‐しつワウ‥【王室】

  1. 〘 名詞 〙 王の住居。転じて、王を中心としたその一族。王の一門王家。また、皇室のこともいう。
    1. [初出の実例]「俄而岡本天皇崩、皇后即位、王室衰微、政不自君」(出典:家伝(760頃)上)
    2. [その他の文献]〔書経‐周官〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「王室」の意味・わかりやすい解説

王室
おうしつ
royal houshold

狭義には国王の家門,一族をさすが,広義にはその拡大としての王の宮廷を意味する。中世から近代初期の絶対主義時代にかけて,ヨーロッパの君主政治の中核は君主の宮廷であり,中央の諸政庁はここに統合されていた。封建制度のもとでは,王国内の領主たちがそれぞれインムニテート (不入権) を有し,所領内の民を政治的に支配していたから,王室に属する役人の統治活動は,原理上,王の直轄領にしか及ばなかった。しかし中世末期以来,司法財政のうえで,王室の支配は次第に領主権の独立性を掘りくずし,身分制国家から絶対主義国家への発展のなかで,王室の官僚機構による行政が全国に押広げられることとなる。国土,国民は王家の財産のごとくにみなされ,王室同士の婚姻関係や相続関係が,この時期の国際政治を規定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

普及版 字通 「王室」の読み・字形・画数・意味

【王室】おう(わう)しつ

王家。〔書、康王之誥〕爾(なんぢ)の身は外に在りと雖も、乃(なんぢ)の心は王室に在らざること罔(なか)れ。

字通「王」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報