コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王室 おうしつroyal houshold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王室
おうしつ
royal houshold

狭義には国王の家門,一族をさすが,広義にはその拡大としての王の宮廷を意味する。中世から近代初期の絶対主義時代にかけて,ヨーロッパの君主政治の中核は君主の宮廷であり,中央の諸政庁はここに統合されていた。封建制度のもとでは,王国内の領主たちがそれぞれインムニテート (不入権) を有し,所領内の民を政治的に支配していたから,王室に属する役人の統治活動は,原理上,王の直轄領にしか及ばなかった。しかし中世末期以来,司法,財政のうえで,王室の支配は次第に領主権の独立性を掘りくずし,身分制国家から絶対主義国家への発展のなかで,王室の官僚機構による行政が全国に押広げられることとなる。国土,国民は王家の財産のごとくにみなされ,王室同士の婚姻関係や相続関係が,この時期の国際政治を規定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おう‐しつ〔ワウ‐〕【王室】

国王の一家、一族。王家(おうけ)。また、皇室のことにもいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうしつ【王室】

王を中心としたその一族。王家。また、皇室のことにもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

王室の関連キーワードアントニー・チャールズ・ロバート アームストロング・ジョーンズラ・グランド・エキュリ・エ・ラ・シャンブル・デュ・ロワビブリオテーク・ナシヨナルロイヤル・ハウスホールドウエストミンスター寺院ウィンザー(イギリス)ロイヤルウエディングロイヤルディーサイドロイヤルファミリー王室[イギリス]リチャード ケイシャンボニエールバッキンガム宮殿王事盬きことなしロイヤルワラントロイヤルベビーアマデウス5世ウェッジウッドアスコット金杯サナームルアン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王室の関連情報