修復(読み)しゅうふく(英語表記)restoration

翻訳|restoration

図書館情報学用語辞典 第5版「修復」の解説

修復

経年,利用等により損傷した図書館文書館資料を技術系職員が補修する際に用いる技術と判断”(『IFLA資料保存原則』1986).資料を長期的に保存する場合,修復処置を行う際の原則として,〈1〉非破壊的(使用素材などの安定性を考慮して,原資料に悪影響を及ぼさないこと),〈2〉可逆的(修復措置以前の状態に戻す必要が生じたときに復元が可能であること),〈3〉記録化(原資料の状態や補修や修復のために使用した材料や方法を記録しておくこと),の3点がある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

デジタル大辞泉「修復」の解説

しゅう‐ふく〔シウ‐〕【修復/修覆】

[名](スル)
建造物などの、傷んだ箇所を直して、もとのようにすること。しゅふく。「本堂を―する」
破綻をきたした関係を元通りに戻すこと。「友好関係を―する」
[類語]直す繕う修繕修理改修修正手直し直し手入れ

しゅ‐ふく【修復/修覆】

[名](スル)しゅうふく(修復)」に同じ。
「車をば、折しも軌道の―すとて」〈鴎外・有楽門〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android