コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修復/修覆 シュウフク

5件 の用語解説(修復/修覆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ふく〔シウ‐〕【修復/修覆】

[名](スル)
建造物などの、傷んだ箇所を直して、もとのようにすること。しゅふく。「本堂を―する」
破綻をきたした関係を元通りに戻すこと。「友好関係を―する」

しゅ‐ふく【修復/修覆】

[名](スル)しゅうふく(修復)」に同じ。
「車をば、折しも軌道の―すとて」〈鴎外・有楽門〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅうふく【修復】

( 名 ) スル
破損した箇所を作り直すこと。しゅふく。 「仏像を-する」 「 -工事」
もとの良い関係をとり戻すこと。 「友好関係の-に努める」

しゅふく【修復】

( 名 ) スル
しゅうふく(修復) 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

修復

“経年,利用等により損傷した図書館文書館資料を技術系職員が補修する際に用いる技術と判断”(『IFLA資料保存の原則』1986).資料を長期的に保存する場合,修復処置を行う際の原則として,〈1〉非破壊的(使用素材などの安定性を考慮して,原資料に悪影響を及ぼさないこと),〈2〉可逆的(修復措置以前の状態に戻す必要が生じたときに復元が可能であること),〈3〉記録化(原資料の状態や補修や修復のために使用した材料や方法を記録しておくこと),の3点がある.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

修復/修覆の関連キーワードアクロテリオン建造建造物装飾美術伝統的建造物群控え杭補修過失建造物等浸害罪建造物等損壊及び同致死傷罪建造物等損壊罪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone