コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェリチカ岩塩坑 ウェリチカガンエンコウ

デジタル大辞泉の解説

ウェリチカ‐がんえんこう〔‐ガンエンカウ〕【ウェリチカ岩塩坑】

Kopalnia soli Wieliczka》ポーランド南部、クラクフ近郊の町ウェリチカにある岩塩坑。10世紀に採掘が始まり、13世紀に王室所有となった。地下約60メートルから330メートルまで9層にわたって採掘坑が張りめぐらされ、その全長は300キロメートルに及ぶ。地下101メートルには祭壇や彫像がすべて岩塩でできている聖キンガ礼拝堂がある。1978年に世界遺産文化遺産)に登録された。ビエリチカ岩塩坑

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ウェリチカ岩塩坑の関連キーワードカルバンクラスコ

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone