コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルドニヒ=ホフマン病 うぇるどにひほふまんびょう

世界大百科事典内のウェルドニヒ=ホフマン病の言及

【運動ニューロン疾患】より

…いずれも随意運動を営む骨格筋の筋萎縮と筋力低下を生ずるものであるが,発症年齢,遺伝様式,おかされる筋肉の分布の違いなどにより,いくつかの疾患に細分されている。ウェルドニヒ=ホフマン病Werdnig‐Hoffmann diseaseは,乳幼児に生じ,常染色体劣性遺伝を呈する。急速に進行して四肢麻痺を生じ,数年で死亡する。…

※「ウェルドニヒ=ホフマン病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android