コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェールズ文学 ウェールズぶんがく

1件 の用語解説(ウェールズ文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェールズ文学
ウェールズぶんがく

ウェールズ語で書かれた文学に限定される。時代区分は,(1) 英雄詩Y Gododdinを生んだ初期詩人時代 (550~1100,散文作品の出現は 10世紀) ,(2) 宮廷詩人時代 (1100~1350) ,(3) ウェールズチョーサー,ダフィッド・アップ・グウィリムに始る黄金時代 (1350~1450,散文の伝説集『マビノーギオン』も 14世紀) ,(4) 宗教改革チューダー王朝の英語政策の影響のみられる白銀時代 (1450~1650,近代散文の誕生は 16世紀) ,(5) 民衆詩の勃興と 18世紀新古典主義による文芸復興期 (1650~1750) ,(6) 新古典主義への反動である自由詩の時代 (1750~1900) ,(7) 外的影響と固有エネルギーの融合する第2の文芸復興としてあらゆるジャンルの花開く 20世紀,となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェールズ文学の関連キーワードウェールズ語英文英文学現代文国文中文独文露文和文スノードン[山]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone