文芸復興(読み)ぶんげいふっこう

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶんげい‐ふっこう ‥フクコウ【文芸復興】

〘名〙 =ルネサンス
※美術の翫賞(1895)〈上田敏〉「眼を転じて千四百八十五文芸復興の時代を眺めしめよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の文芸復興の言及

【ルネサンス】より

…〈ルネサンス〉の語そのものは,19世紀フランスの歴史家J.ミシュレが歴史学用語として使用して広まり,これに次いでスイスの歴史家J.ブルクハルトが,《イタリア・ルネサンスの文化》(1860)において豊かに意味づけを行ったものである。歴史用語として,日本では〈文芸復興〉と訳されたこともある。しかし,すでに15,16世紀の当時にあっても,〈再生〉を指すイタリア語rinascitaなどは古代の復興の意味で用いられており,再生は当事者の意識のなかにも,とらえられていた。…

※「文芸復興」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android