コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文芸復興 ブンゲイフッコウ

百科事典マイペディアの解説

文芸復興【ぶんげいふっこう】

ルネサンス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文芸復興
ぶんげいふっこう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の文芸復興の言及

【ルネサンス】より

…〈ルネサンス〉の語そのものは,19世紀フランスの歴史家J.ミシュレが歴史学用語として使用して広まり,これに次いでスイスの歴史家J.ブルクハルトが,《イタリア・ルネサンスの文化》(1860)において豊かに意味づけを行ったものである。歴史用語として,日本では〈文芸復興〉と訳されたこともある。しかし,すでに15,16世紀の当時にあっても,〈再生〉を指すイタリア語rinascitaなどは古代の復興の意味で用いられており,再生は当事者の意識のなかにも,とらえられていた。…

※「文芸復興」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

文芸復興の関連キーワードムーア(George Augustus Moore)ナーシーフ・アル・ヤーズジイコンスタンティノス[7世]シェイマス オサリヴァンジルジー・ザイダーンキャサリン タイナンヘンリ シャーマルジーン トゥーマーマクディアーミッドアイルランド文学マヌエル[2世]マクディアミッドウェールズ文学グレゴリー夫人クリュソロラスシャファジークベン ヘクトドラムクリフダークエージジョンソン

文芸復興の関連情報