コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出現 シュツゲン

デジタル大辞泉の解説

しゅつ‐げん【出現】

[名](スル)
あらわれでること。隠れていたものや見えなかったものなどが、姿をあらわすこと。「救世主が出現する」「新技術の出現
天体が、他の天体による食(しょく)または掩蔽(えんぺい)状態から、再び見えてくること。出離

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅつげん【出現】

( 名 ) スル
いままでなかったものや見えなかったものが形をとって現れること。 「新兵器の-」 「大型新人が-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

出現の関連キーワードカミムスビノミコト(神皇産霊尊)ホーフアッカー‐サドラーの法則ハンターラッセル症候群ファンホーヴェの特異点ペルセウス座ζ流星群こと(琴)座流星群十七年蝉・十七年蟬シュペーラーの法則カリフォルニア法天頂修正出現数筋線(繊)維便ハフマン符号化ツィプフの法則ヒッグス粒子エマージング二段脈の法則後を絶たないアピアランスミルクホールスポット変敗

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出現の関連情報