出現(読み)しゅつげん

精選版 日本国語大辞典「出現」の解説

しゅつ‐げん【出現】

〘名〙
① 現われ出ること。姿を現わすこと。現出
文華秀麗集(818)中・和菅清公傷忠法師〈嵯峨天皇〉「不知何世界、出現救蒼生
古今著聞集(1254)二〇「一丈あまりばかりなるの耳をひたる、時々出現して人をなやましけり」 〔捜神記‐巻一四〕
天文学で、他の天体におおわれて見えなかった天体が、再び見えてくること。太陽や月などの天体が地平線上に出ること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「出現」の解説

しゅつ‐げん【出現】

[名](スル)
あらわれでること。隠れていたものや見えなかったものなどが、姿をあらわすこと。「救世主が出現する」「新技術の出現
天体が、他の天体によるしょくまたは掩蔽えんぺい状態から、再び見えてくること。出離。
[類語]現れ発現現出実現発祥再現輩出現れる誕生現前具現顕現体現示現開示発露流露出土日の目を見る登場する生ずる現ずるのぞ出来る台頭デビュー登板お目見えのし上がる躍り出る頭角を現す頭をもたげる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android