出現(読み)しゅつげん

精選版 日本国語大辞典「出現」の解説

しゅつ‐げん【出現】

〘名〙
① 現われ出ること。姿を現わすこと。現出
※文華秀麗集(818)中・和菅清公傷忠法師〈嵯峨天皇〉「不知何世界、出現救蒼生
古今著聞集(1254)二〇「一丈あまりばかりなるの耳をひたる、時々出現して人をなやましけり」 〔捜神記‐巻一四〕
天文学で、他の天体におおわれて見えなかった天体が、再び見えてくること。太陽や月などの天体が地平線上に出ること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「出現」の解説

しゅつ‐げん【出現】

[名](スル)
あらわれでること。隠れていたものや見えなかったものなどが、姿をあらわすこと。「救世主が出現する」「新技術の出現
天体が、他の天体による食(しょく)または掩蔽(えんぺい)状態から、再び見えてくること。出離

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android