ウエスト・コースト・ミュージック[west coast music](読み)ウエストコーストサウンド

音楽用語ダスの解説

ウエスト・コースト・ミュージック[west coast music]

アメリカの西海岸を中心に発展したロック・ミュージックのこと。ウエスト・コースト・ロックとも呼ばれる。1960年代後半、サンフランシスコを中心に広がったヒッピー・ムーブメントやサイケデリック・サウンドをきっかけにウエスト・コースト・ミュージックが注目されはじめた。ドゥービー・ブラザーズに代表される、コーラスの美しい、ゆったりしたロック・サウンドが特色。1970年代を代表するウエスト・コースト・ロックの名曲中の名曲が「ホテル・カリフォルニア」(イーグルス)である。また、ビーチボーイズに代表される、明るく軽快で(脳天気な!)サーフ・ロックもまたウエスト・コースト・ミュージックの一つの顔である。参考/サイケデリック・サウンド

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android