参考(読み)さんこう

精選版 日本国語大辞典「参考」の解説

さん‐こう ‥カウ【参考】

〘名〙 いろいろ他のものとひきくらべて自分の考えを決める手がかりにすること。また、その手がかり。
俳諧去来抄(1702‐04)修業「面影の事支考も書き置かれたり。考せらるべし」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「参考の為め一寸聞いて置きたいが」 〔後漢書‐班超伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「参考」の解説

さん‐こう〔‐カウ〕【参考】

[名](スル)何かをしようとするときに、他人の意見や他の事例・資料などを引き合わせてみて、自分の考えを決める手がかりにすること。また、そのための材料。「研究の上で参考になる」「内外の判例を参考する」
[類語]参照参看参酌さんしゃく照会リファレンス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android