コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォーラー積分 Waller integral

法則の辞典の解説

ウォーラー積分【Waller integral】

完全結晶によるX線の積分反射強度を与える公式である.

ただし.ここで Wブラッグ条件*からのずれを示すパラメータである.re,λ,Fgt0 はそれぞれ古典電子半径,X線の波長,結晶構造因子,結晶の厚みを表す.C は入射X線の偏光を示す因子,γ0,γg は入射波と回折波の回折表面法線となす角の余弦である.この式はまた,ベッセル関数 Jm を用いると

の形に書くこともできるが,これも同じくウォーラー積分と呼ばれる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ウォーラー積分の関連キーワードブラッグ条件ベッセル関数回折波偏光余弦

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android