コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォーラー積分 Waller integral

1件 の用語解説(ウォーラー積分の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ウォーラー積分【Waller integral】

完全結晶によるX線の積分反射強度を与える公式である.

ただし.ここで Wブラッグ条件*からのずれを示すパラメータである.re,λ,Fgt0 はそれぞれ古典電子半径,X線の波長,結晶構造因子,結晶の厚みを表す.C は入射X線の偏光を示す因子,γ0,γg は入射波と回折波の回折表面法線となす角の余弦である.この式はまた,ベッセル関数 Jm を用いると

の形に書くこともできるが,これも同じくウォーラー積分呼ばれる

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォーラー積分の関連キーワード完全結晶ラウエ不完全結晶X線の反射キャンベル‐ボルマン効果コッセル効果消滅則パーセヴァルの定理ボルマン線ローレンツの偏光因子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone