コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウオツリグモ うおつりぐも

1件 の用語解説(ウオツリグモの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウオツリグモ
うおつりぐも / 魚釣蜘蛛
angler spider

節足動物門クモ形綱真正クモ目コガネグモ科のオーストラリア産のジクロスチクス属(ウオツリグモ属)のある種の俗称。単純な糸網につかまり、歩脚で粘球のついた糸を垂らし、ときにはこれを振り回してガなどが付着すると釣り上げるクモで、3種ほど知られている。餌(えさ)になるのは決まったある種のガの雄であるが、これは、粘球にガの雄に対する誘引物質があるものと考えられている。これと似た習性をもったクモにアメリカ産のマストフォラ属やアフリカ産のクラドメレア属の種類があり、ともにナゲナワグモ(ボーラススパイダーboras spider)とよばれている。また、インド、スリランカ、日本などにすむマメイタイセキグモもよく似た習性をもっている。なお、世界各地に広く分布しているハシリグモ類のある種のものも、前脚で水面をたたいて魚をおびき寄せてとらえるのでフィッシングスパイダー(ウオツリグモ)fishing spiderとよばれており、アメリカ産のムツボシハシリグモが有名。しかし釣り糸は垂らさないのでウオツリグモと訳すのは適当ではない。この類をフィッシュキャッチングスパイダーfishing catching spiderとよぶ国もあり、ウオトリグモの名がふさわしいが、日本ではすでにハシリグモという和名が与えられている。日本産のハシリグモ類には、これらの習性はまだ知られていない。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウオツリグモの言及

【ナゲナワグモ】より

…アメリカ東・南部のコネチカット,ノース・カロライナ,フロリダ,アーカンソー州などに広く分布している。 コガネグモ科のナゲナワグモ属,ウオツリグモ属,イセキグモ属に含まれるクモには投縄式捕虫行動をとるものが多い。これらは特定の種類のガの雄を誘引する物質を出しているといわれる。…

※「ウオツリグモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone