コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスアカイソギンチャク うすあかいそぎんちゃく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスアカイソギンチャク
うすあかいそぎんちゃく / 淡紅菟葵・淡赤磯巾着
[学]Nemanthus nitidus

刺胞(しほう)動物門花虫(はなむし)綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目ウスアカイソギンチャク科に属する海産動物。モモイロイソギンチャクともいう。相模(さがみ)湾以南に分布し、日本特産種。20メートル以深の八放サンゴ亜綱のヤギ類の骨軸上に群生する。足盤はヤギの骨軸を巻くために広がっており、多数の個体が骨軸上をすきまなく巻くために、一見群体を形成しているようにみえるが、各個体は足盤で連なることはなく、ほかのイソギンチャクと同様に単生である。体壁の直径、高さはともに2~4センチメートルで、口盤は広く、触手は長い。隔膜下端に槍糸(やりいと)をもつが、他種の槍糸より著しく太く、ほとんど刺胞を含まない。縦分裂による無性生殖を行う。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウスアカイソギンチャクの言及

【イソギンチャク(磯巾着)】より


[他の動物との関係]
 イソギンチャクには,特定の動物に着生または共生するものが多い。ウスアカイソギンチャクはヤギ(腔腸動物)の体上に群をつくり,タテジマイソギンチャクは,カキの貝殻の上を好む。共生生活を行うものには,ヤドカリイソギンチャクや,ベニヒモイソギンチャクがヤドカリの入っている貝の上に付着し,ある種のイソギンチャクは,キンチャクガニやトゲツノヤドカリのはさみにつく。…

※「ウスアカイソギンチャク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウスアカイソギンチャクの関連キーワード淡赤磯巾着淡紅菟葵刺胞

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android