ウスキサナギタケ(淡黄蛹茸)(読み)ウスキサナギタケ(英語表記)Cordyceps takaomontana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスキサナギタケ(淡黄蛹茸)
ウスキサナギタケ
Cordyceps takaomontana

子嚢菌類核菌類バッカクキン目。鱗翅類の1種の蛹に寄生する。いわゆる冬虫夏草の1種。ハナサナギタケ (花蛹茸) はこの菌の不完全世代。菌体は細い円柱状でときに上部が分枝する。上部の表面に被子器を生じる。日本全土から台湾にかけて分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android