コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナサナギタケ(花蛹茸) ハナサナギタケIsaria japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナサナギタケ(花蛹茸)
ハナサナギタケ
Isaria japonica

子嚢菌類バッカクキン目セミタケ科のキノコで,ウスキサナギタケ Cordyceps takaomontanaの不完全時代である。地中に生活している鱗翅類の幼虫に寄生し,それが蛹となる頃,宿主を殺して細い円柱状の子実体となって地上に伸び出てくる。色は白色で表面に分生子が密生し,分生子は中央がややくびれて繭形。完全時代のウスキサナギタケもまた蛹から出るが,これは頭部が太く楕円形となり,淡黄色で細かな粒状突起をもっている。この突起は被子器の開口部で,被子器は子実体内に埋没している。ウスキサナギタケはあまり多くないが,ハナサナギタケは日本の各地から台湾にかけて分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハナサナギタケ(花蛹茸)の関連キーワードウスキサナギタケ(淡黄蛹茸)冬虫夏草