コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウタガマンダラム ウタガマンダラムUthagamandalam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウタガマンダラム
Uthagamandalam

旧称ウータカムンド Ootacamund。インド南部,タミルナードゥ州北西部の都市。ニルギリス県の行政庁所在地マイソール南方約 100km,ウェスタンガーツ山脈中の高峰ドダベッタ山 (2637m) 山腹,標高 2200mに位置。年平均気温 14℃,最暖月 20℃,最寒月9℃という絶好の避暑地。 1821年イギリスによって建設され,人工湖,競馬場,植物園,狩猟地区などを整備,聖堂や学校も建造され,植民地時代マドラス政庁の夏季の所在地であった。周辺には規模はより小さいが多くの避暑地がある。近くに茶,ユーカリキナノキの栽培地があり,茶の加工場,キニーネ製造工場がある。人口8万 1726 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone