コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウドカン

2件 の用語解説(ウドカンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウドカン

ロシア,東シベリアヤブロノイ山脈支脈のウドカン山脈中にある銅鉱床。1949年発見。ブリヤート共和国に属し,鉱量は1000万t以上といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウドカン
うどかん
Удокан Udokan 

ロシア連邦中部、チタ州の銅鉱山。チタ市の北東600キロメートル、標高1100メートルにあり、ロシア連邦最大の銅の埋蔵鉱量がある。国際協力開発も話題にのぼり、日本からも1966年に現地視察が行われた。本格的開発はバム鉄道の完成により促進が期待される。[三上正利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウドカンの言及

【シベリア】より

…ヤクーチアではまた,アルダンAldanをはじめとして金の採取が盛んである。BAM沿線のウドカンUdokanは銅鉱の埋蔵量が豊富で,近々に製銅の中心となるだろう。 燃料・エネルギー資源の開発は最近急速に発展し,世界の注目を浴びている。…

※「ウドカン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウドカンの関連情報