コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋蔵鉱量 まいぞうこうりょう reserves

2件 の用語解説(埋蔵鉱量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

埋蔵鉱量
まいぞうこうりょう
reserves

(1) 地下に埋蔵されている鉱石の質量で,地表に露出しているものも含む。鉱石存在の確実性の度合いは,鉱床の探査,開発の進行の程度によって異なり,この確実性の度合いによって埋蔵鉱量確定鉱量 (最も確実) ,推定鉱量予想鉱量 (最も不確実) の3つに分類される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

埋蔵鉱量
まいぞうこうりょう

地中に現存する鉱床の質量をいう。ここで鉱床とは、地中の鉱物の集まりで経済的に採掘できるものをいう。金属などの需要や経済事情の変動によって、経済的に採掘できる限界が変動するので、埋蔵鉱量も変動することになる。そこで各種の鉱種について予想できる最低の採算限界を定め、この限界のもとで鉱石とすることのできる量を埋蔵鉱量と規定することとして鉱量計算基準が規格で定められている。
 埋蔵鉱量は確定、推定および予想の3種に分けられている。(1)確定鉱量 坑道などによって容積と品位が確認された鉱量をいい、鉱床の性質や開発の状況によって連続性が確実に認められる部分もこれに加えられる。(2)推定鉱量 坑道や試錐(しすい)(ボーリング)などで確定されてはいないが、探鉱の結果および鉱床の性質によって容積および品位が推定される部分の鉱量をいう。(3)予想鉱量 確定鉱量および推定鉱量としては計上できないが、一部の鉱況から地質鉱床的に容積と品位が予想される部分の鉱量をいう。このほかウラン鉱床については、予想鉱量としては計上できないが地質条件などから鉱床の存在する可能性のある部分を可能鉱量として表すことがある。これら埋蔵鉱量は鉱床の存在状態その他の理由でそのすべてを採鉱することはできない。採鉱できる割合を可採率、採掘されたままで無価値の廃石を含む鉱石を粗鉱、埋蔵鉱量のうち採鉱できる粗鉱の質量を可採粗鉱量といい、これにも確定、推定および予想の3種がある。鉱量を記載する場合は埋蔵鉱量と可採粗鉱量とを併記し、それぞれについて品位別に分類するのを原則としている。なお、一般鉱石以外の石炭、石灰石、石油および天然ガスの鉱量の考え方の原則は同様であるが、それぞれ別の計算基準がある。
 鉱山では鉱石を採掘するとともに坑内外の探査を行い、埋蔵鉱量の確保に努めている。すでに開発されている地域では精密な探査で埋蔵鉱量の増加が図られているが、まだ十分に調査されていない地域や地下深部にあるため、従来の技術では発見されない鉱床も多い。今日までに発見された鉱量は地殻中にある全鉱量=原始埋蔵量(資源量ともいう)の一部にすぎないが、資源は有限であるから、探査技術の発達により埋蔵鉱量の増加を、採鉱技術の発達により可採粗鉱量の増加を、利用技術の発達により未利用資源の有効利用を図る必要がある。[房村信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の埋蔵鉱量の言及

【埋蔵量】より

…地殻までの地下に存在する物質の量。通常,資源の量をいい,資源または鉱床の質により,それが金属および石灰石鉱床ならば埋蔵鉱量または単に鉱量,石炭ならば埋蔵炭量または単に炭量などという。一方,鉱床とは収益性を伴う鉱物の集合体と定義されているが,市況や技術水準が変われば採算性の算定も変わり,したがって鉱床の定義も一定しなくなる。…

※「埋蔵鉱量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

埋蔵鉱量の関連キーワードカラット銀鉱質量数埋蔵文化財原石埋蔵質量吸収の法則ジーンズ質量レーナルトの質量吸収法則元素の質量

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

埋蔵鉱量の関連情報