ウミウドンゲ(読み)うみうどんげ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミウドンゲ
うみうどんげ / 海優曇華

曲形(きょくけい)動物に属する海産のスズコケムシの別名。岩石などに着生している姿が、昆虫のクサカゲロウの卵(ウドンゲと俗称)に似ているのでこの名がある。[紺野一碩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウミウドンゲの言及

【スズコケムシ】より

…曲形動物(内肛動物)足胞(そくほう)科の1種(イラスト)。別名ウミウドンゲ。世界各地の海岸に分布していて,岩,貝,ホヤや海藻などに付着している。…

※「ウミウドンゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android