コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミトラノオ

1件 の用語解説(ウミトラノオの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

ウミトラノオ

からだは主枝から小さな葉や気泡を四方に密に出し,細く毛羽だった猫の尾のようである。付着器は平たい盤状で,直径1〜1.5cm。直径2〜3mmの円柱 状の茎で,わずかに直立し(高さ1cm以下),茎頂から長い主枝を数本〜十数本出す。主枝に小さい葉や紡錘形の小さな気胞が密生した様子が動物の尾のよう な印象であり,「海の虎の尾=ウミトラノオ」と和名がつけられた。生長した主枝は小枝を羽状に多数分枝するようになる。小枝からも葉や気胞を密に発出する が,その頃の主枝自体は,葉や気胞が脱落し,まばらに葉を残すものの,ほぼ軸のみとなっている。環境によっては,時に1mを越えるまでに生長することがあ り,一見するとタマハハキモクなどに似た形態となることもある。生体は緑がかった濃い茶色〜濃褐色。押し葉標本は台紙によくつかない。雌雄異株

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウミトラノオの言及

【ホンダワラ】より

…日本沿岸はこの類が最も多産する地域で,約60種の生育が知られる。おもな種類にマメダワラS.piluliferum Ag.,ウミトラノオS.thunbergii Ag.,アカモクS.horneri (Turn.) Ag.,ノコギリモクS.serratifolium Ag.,ホンダワラS.fulvellum (Turn.) Ag.などがある。大西洋のサルガッソー海は〈藻の海〉の意で,ホンダワラ類が海面に多量に浮遊して群落をつくっているところであり,その主要種はS.natans (L.) Meyenである。…

※「ウミトラノオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウミトラノオの関連キーワード蜘蛛手四方髪四方貫ぷくぷく四方山気泡緩衝材気泡管水準器気泡消火器縮込む気泡痕

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone