ウムアダルク油田(読み)ウムアダルクゆでん(英語表記)Umm al-dhalk oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラブ首長国連邦のアブダビの沖合いに位置する油田。アブダビ・マリン・エアリア ADMAにより 1969年に発見され,ウムアダルク開発 UDECOが開発して 1985年に生産を開始した。生産された原油は,海底パイプラインで上部ザクム油田に送られ,同油田の原油と混ぜてジルク島から出荷される。UDECOは,ウムアダルク油田の開発のために編成された操業会社で,アブダビ国営石油 ADNOCが 60%,日本のジャパン石油開発が 12%,ほかイギリスの BPとフランスのトタルが出資していたが,1988年に上部ザクム開発 ZADCOに統合された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android