ウム料理(読み)ウムりょうり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太平洋諸島先住民の伝統的な料理法で,ウム umuは地炉を意味するポリネシア語。地面に掘ったの中で,数十個のこぶし大のを焼き,いったん焼け石を取除いたのち,,魚,鳥獣肉などの食物材料をバナナやパンの木などのに包んで焼き穴に入れ,再び焼け石でおおって蒸し焼にする。料理用の土器をもたなかったために,このような料理法が発達したものと考えられるが,焼上がるまでに1~2時間を要して非能率的であるため,現在,鍋類の普及とともに急速に衰えつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウム料理の関連情報