コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウュルツ=フィティヒ反応 ウュルツ=フィティヒはんのうWurtzFittig reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウュルツ=フィティヒ反応
ウュルツ=フィティヒはんのう
WurtzFittig reaction

炭化水素合成法の1種。金属ナトリウムをハロゲン化炭化水素に作用させることにより,2個の炭化水素基を結合させる反応。 C.ウュルツハロゲン化アルキルを用いて成功し (1855) ,R.フィティヒが芳香族ハロゲン化物にまで拡張した (64) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android