ウユニ(英語表記)Uyuni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウユニ
Uyuni

ボリビア南西部,ポトシ県中部の町。県都ポトシの南西約 150km,アンデス山脈中に広がるアルティプラノ高原東縁部にあり,標高 3665m。西方にはウユニ塩沢地が広がる。 1890年建設され,スラブ人とシリア人の入植もあって,鉄道要地として急速に発展。現在周辺一帯の取引中心地であるとともに,北東にプラカヨ,ワンチャカ両銀山があり,鉱業中心地ともなっている。ラパスから南下してくる鉄道はここで2つに分岐し,南西の線は太平洋岸の港アントファガスタ (チリ) へ,南東の線はアルゼンチンへ通じる。人口1万 1301 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウユニの関連情報