コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラン複合材 ウランふくごうざいuranium composite material

1件 の用語解説(ウラン複合材の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラン複合材
ウランふくごうざい
uranium composite material

原子炉の核燃料ウラン材と被覆材料との複合金属材料。炉心構造材である。ウラン材としては金属ウランU,その合金または化合物があり,被覆材にはアルミニウム合金ジルカロイステンレス鋼が用いられる。実際にはアルミニウム Alまたはジルコニウム Zrの管に金属ウラン棒を入れて圧着するか,または Al-Si合金を仲介として接着したもの,U-Al,U-Zr-Nbなどのウラン合金をアルミ合金またはジルカロイの板でサンドイッチにしたもの,ウラン酸化物 UO2 の粉末をステンレス鋼の管に入れてたたき伸ばしたものなどが使われている。化合物燃料としては UO2 のほかに炭化物 UCの利用も研究されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone