ウーリ州(読み)ウーリ(英語表記)Uri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーリ〔州〕
ウーリ
Uri

スイス中部,ロイス川上流の谷を主域とする州。州都アルトドルフ。 1274年ハプスブルク家より特権を認められ,91年,シュウィーツウンターワルデンとともに,現在のスイス連邦の基礎となった「永久同盟」を結成した。住民は大部分がカトリックでドイツ語を用いる。可耕地はロイス河谷にわずかにあるだけで,山地斜面が牧草地や放牧地として利用されている。この河谷は,サンゴッタルド・トンネル経由でイタリア,スイス,ドイツを結ぶ主要鉄道・道路の通路になっており,各所に鉄道用の水力発電所がある。酪農,肉牛飼養,林業が主要な産業。面積 1076km2。人口3万 3650 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android