コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイシイエフ図 エイシイエフずACF diagram

岩石学辞典の解説

エイシイエフ図

岩石の化学成分と鉱物組成の関係を調べるためにエスコラにより考えられた三角図で,岩石の主成分であるSiO2以外の化学成分の比率で図示する[Eskola : 1915].特に塩基性火成岩に用いられるが,石英を含まない岩石には用いない.AはAl2O3,CはCaO,FはFeOを意味するが,実際の岩石ではA=(Al2O3+Fe2O3)-(Na2O+K2O),C=CaO,F=(FeO+MnO+MgO)の三成分系で表す.多成分系に当てはめる場合には問題が多く,図の解釈には様々な仮定が入れなければならないので注意が必要である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android