コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイデ Samuel Eyde

1件 の用語解説(エイデの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エイデ【Samuel Eyde】

1866‐1940
ノルウェーの機械技師。1903年に,同国クリスティアニア(現,オスロ)大学教授C.ビルケランとともに,磁場内での高温空中放電で硝酸を製造する〈ビルケラン=エイデ法〉を確立し,初めて実用的な空中窒素の固定に成功した。05年には,エイデらの努力により,ノルウェー水力電気肥料会社ノートデン製造所でこの方法が大規模に工業化され,作られた硝酸は最終的に硝酸カルシウムの塩(ノルウェー硝石)の形で肥料用に販売された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

エイデの関連キーワード新体制運動英学羅振玉ウォルシュ喜劇映画中南米映画日中戦争北欧映画池内蔵太海保漁村

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エイデの関連情報