コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイデ Samuel Eyde

世界大百科事典 第2版の解説

エイデ【Samuel Eyde】

1866‐1940
ノルウェーの機械技師。1903年に,同国クリスティアニア(現,オスロ)大学教授C.ビルケランとともに,磁場内での高温空中放電で硝酸を製造する〈ビルケラン=エイデ法〉を確立し,初めて実用的な空中窒素の固定に成功した。05年には,エイデらの努力により,ノルウェー水力電気肥料会社ノートデン製造所でこの方法が大規模に工業化され,作られた硝酸は最終的に硝酸カルシウムの塩(ノルウェー硝石)の形で肥料用に販売された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

エイデの関連キーワードビルケラン クリスティアン国家(プラトンの対話篇)クリスチャン ビルケランエイディシーテクノロジーチェルノブイリ・ハートサミュエル アイデエディンバラ10月29日エジンバラダニーデンエディオン人材派遣神沢利子坪田秀雄教員組合金澤考明保育所公民館磯崎新

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android