コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川 ふるかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古川
ふるかわ

宮城県北西部,大崎市中央部の旧市域。仙北平野の中央部にある。 1950年市制。 2006年松山町,三本木町,鹿島台町,岩出山町,鳴子町,田尻町の6町と合体して大崎市となった。中心市街地の古には室町時代大崎氏の家臣古川氏の居城があった。陸羽街道 (国道4号線) ,北羽前街道 (国道 47号線) ,石巻別街道 (国道 108号線) ,中羽前街道 (国道 347号線) が集まるところで,江戸時代には宿場町,市場町として繁栄。江合川 (荒雄川) ,鳴瀬川,多田川流域に沖積平野が広がり,耕地の大部分が水田。良質の米を産する。養豚も普及している。電機部品,飼料,コンクリート工業などが発達。北部の築館丘陵南端にある化女沼 (けじょぬま) 近くに,古代の大規模な城柵跡である宮沢遺跡 (国指定史跡) がある。

古川
ふるかわ

岐阜県北部,宮川の中流域の古川盆地にある地域。旧町名。 1889年町制。 1956年小鷹利,細江の2村と合体。 2004年2月神岡町,河合村,宮川村と合併して飛騨市となる。中心集落は越中東街道 (国道 41号線) と越中西街道 (国道 360号線) との分岐点にあり古くからの交通の要地。山林が広く,古川盆地で米作が行なわれ,木材とその関連工業が発達。気多 (けた) 若宮神社例祭の「起し太鼓」は勇壮な祭行事として知られ,重要無形民俗文化財に指定されている。国道 41号線沿いにスキー場があり,一帯は奥飛騨数河流葉県立自然公園に属する。 JR高山本線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふる‐かわ〔‐かは〕【古川/古河】

古くからある川。

ふるかわ【古川】[地名]

宮城県中北部、仙台平野にあった市。陸羽街道の宿場町・市場町として発展。平成18年(2006)3月、周辺6町と合併して大崎市となる。→大崎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

古川

吉永達彦による短編小説および同作を表題作とする小説集。2001年、第8回日本ホラー小説大賞にて短編賞受賞。同年短編「(くら)い沼」と併せ刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふるかわ【古川】

宮城県中北部、大崎市の地名。近世、陸羽街道の宿駅。良質米を産する。
岐阜県北部、飛驒市の地名。春の勇壮な古川祭の起こし太鼓は有名。

ふるかわ【古川】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

古川の関連キーワード冬眠する熊に添い寝してごらん愛知県名古屋市千種区池下町岐阜県飛騨市古川町三之町岐阜県飛騨市古川町上気多岐阜県飛騨市古川町畦畑岐阜県飛騨市古川町上町ライン(国境)の向こうベルカ、吠えないのか?宮城県大崎市古川七日町合併で誕生した大崎市東京都大田区西六郷古川学園高等学校吉野作造記念館漂泊者のアリア追憶のアリランぜんぜのこ節げんきまる古河古松軒姉小路尹綱古川 緑波

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古川の関連情報