コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エカチェリーナ宮殿 エカチェリーナキュウデン

デジタル大辞泉の解説

エカチェリーナ‐きゅうでん【エカチェリーナ宮殿】

Ekaterininskiy dvoretsЕкатерининский дворец》ロシア連邦北西部、レニングラード州のかつてのロシア皇帝の避暑地ツァールスコエセローにある宮殿。18世紀にエカチェリーナ1世が夏の離宮を建造し、続いてエリザベータ女帝がバロック様式で改築した。設計はイタリアの建築家バルトロメオ=ラストレッリによる。壁一面を琥珀(こはく)で装飾された「琥珀の間」が有名。第二次大戦中にドイツ軍により琥珀が持ち去さられたが、2003年に復元された。1990年に「サンクトペテルブルグ歴史地区と関連建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。エカテリーナ宮殿

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

エカチェリーナ宮殿の関連キーワードアレクサンドル宮殿

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android