コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琥珀 こはくamber

翻訳|amber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琥珀
こはく
amber

C40H64O4 。マツ類の樹脂の化石非晶質樹脂光沢,透明ないし半透明,黄または褐赤色。比重 1.04~1.10,硬度2~3。約 150℃で軟化し,250~300℃で溶ける。摩擦すると帯電し微粉を吸着する。古くから飾石として用いられている。透明度が高く,琥珀中に虫の化石などが封じ込まれたものは特に珍重される。パイプなどの工芸品になるものは,軟化点付近で圧力をかけて,琥珀の破片を融合させたものが多い。バルト海沿岸地方,シチリア島ルーマニアなどが主産地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐はく【××珀】

地質時代樹脂の化石。黄色で半透明、樹脂光沢があり、非晶質。しばしば昆虫などの入ったものも見つかる。アクセサリーなどに利用。赤玉。
琥珀織(おり)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

琥珀

黄色,橙色の化石樹脂で,透明または半透明で針葉樹によって形成される[Tomkeieff : 1954].アグスタイン(agstein),エレクトロン(electron), グレサム(glessum), リンクリウムlyncurium), 山猫石(lynx stone)などは同義.アラビア語でanbarは竜涎香(りゅうぜんこう)のことらしい.琥珀には無色透明なものもあり,しばしば昆虫や他の生物体を含んでいる.石炭層中の沖積土(alluvial soil), 海岸中(特にバルト海沿岸)に多く産する[隅田 : 2002].Bernsteinは琥珀(amber)のドイツ語[Tomkeieff : 1954].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

琥珀

セーラー万年筆株式会社の万年筆の商品名。岩手県久慈市にある久慈琥珀株式会社と共同開発。本体に天然琥珀を使用。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

こはく【琥珀】

植物の樹脂が化石となったもの。黄褐色ないし黄色で樹脂光沢があり、透明ないし半透明。保存状態の良い昆虫化石が含まれることもある。比重は1.096、硬度2~2.5。炭層に伴って産出する。良質のものは飾り石となる。くはく。赤玉。
「琥珀織り」「琥珀色」などの略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

琥珀の関連キーワード岩手県久慈市小久慈町エカチェリーナ宮殿プエルト・プラタ久慈琥珀博物館錦玉羹/金玉羹半装束の数珠生いきビールアムブライトグレサイト天然樹脂有機鉱物チャウ縞加賀ノ月アンバーパランガタフタ琥珀玉琥珀色琥珀羹夏越川

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

琥珀の関連情報