コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エカテリーナ宮殿(読み)エカテリーナキュウデン

世界の観光地名がわかる事典の解説

エカテリーナきゅうでん【エカテリーナ宮殿】

ロシア第2の都市サンクトペテルブルグにある宮殿。サンクトペテルブルグの南約30kmのプーシキン市に位置し、世界遺産にも登録されている。◇エカテリーナ2世が夏を過ごしたことから「夏の宮殿」とも呼ばれる、バロック調の華麗な宮殿である。全長は300m以上あり、建物内部には55の部屋がある。内外装には純度の高い金が多く使われ、特に有名なのはエカテリーナ2世がお気に入りだったと伝えられる「琥珀の間」である。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android