コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクストリームプログラミング えくすとりーむぷろぐらみんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

エクストリームプログラミング

1999年にKent Beck氏が著作した「eXtream Programming eXplained - Embrace Change」という書籍がきっかけとなって世間の注目を集めたソフトウェア開発手法の一種。アジャイルソフトウェア開発手法と総称される一連の手法の先駆けとなったもの。従来の開発方法論と比較して、考え方や実践方法は開発中心になっており、開発の初期段階の設計よりもコーディングとテストを重視している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エクストリーム‐プログラミング(extreme programming)

アジャイル開発とよばれるソフトウエア開発手法の一。1999年に米国のケントベック提唱。俊敏かつ柔軟に対応することに主眼を置き、コーディング・テスト・再設計という開発サイクルを繰り返して進める。XP

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

エクストリームプログラミングの関連キーワードKentKakitsubata大須賀 明BECK奈良徹川嶋惠カシン=ベック病ローファイ・ミュージックコソボ[各個指定]工芸技術部門ペイトン(Elizabeth Peyton)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android