主眼(読み)しゅがん

精選版 日本国語大辞典「主眼」の解説

しゅ‐がん【主眼】

〘名〙 中心である要点主要の点。大切な所。かなめ。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「下等の如きは則ち役夫、は貧生の喰ふ所、菜品大へに異なり油豆腐を眼と為し、芋子蓮根、鱗次雑居す」
※植物小学(1881)〈松村任三訳〉四「左に其主眼なるもの二三を説くべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「主眼」の解説

しゅ‐がん【主眼】

主要な目的。また、主要な点。かなめ。眼目。「実用化に研究の主眼を置く」
[類語]要項要目要綱論点勘所脈所重点眼目軸足立脚点立脚地力点主力重き重視要点要所ポイント要領大要キーポイント急所つぼ趣意正鵠頂門の一針

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android