コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主眼 シュガン

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐がん【主眼】

主要な目的。また、主要な点。かなめ。眼目。「実用化に研究の主眼を置く」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅがん【主眼】

物事の最も重要な点。かなめ。眼目。 「福祉に-を置いた予算編成」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

主眼の関連キーワードエクストリームプログラミングかつお節フランス工場計画トスバッティングアーユルベーダ国立環境研究所アジャイル開発ピントが外れるいはでしのぶユーモア小説ネットブックキーポイント構造言語学傾城仏の原高層気象台推理小説藤波神道南極条約対症療法幻の島豚土質工学

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主眼の関連情報