主眼(読み)しゅがん

精選版 日本国語大辞典「主眼」の解説

しゅ‐がん【主眼】

〘名〙 中心である要点。主要の点。大切な所。かなめ。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「下等の如きは則ち役夫、或は貧生の喰ふ所、菜品大へに異なり油豆腐を主眼と為し、芋子蓮根、鱗次雑居す」
※植物小学(1881)〈松村任三訳〉四「左に其主眼なるもの二三を説くべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「主眼」の解説

しゅ‐がん【主眼】

主要な目的。また、主要な点。かなめ。眼目。「実用化に研究の主眼を置く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android