コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゲル城 エゲルジョウ

デジタル大辞泉の解説

エゲル‐じょう〔‐ジヤウ〕【エゲル城】

Egri vár》ハンガリー北東部の都市エゲルにある城跡。13世紀の建造。16世紀半ば、既にブダを攻め落としたオスマン帝国が来襲した際、城主ドボー=イシュトバーンがわずかな兵力で城を守ったことで知られる。16世紀末の戦いで敗れ、現在城壁内には城はなく、聖堂跡と司教館のみが残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone