エコウィル

リフォーム用語集の解説

エコウィル

小型ガスエンジン発電。都市ガスやLPガス燃料とするガスエンジンで発電を行い、その際に発生する排熱給湯などに利用する家庭用コージェネレーションシステムの愛称。発電で発生した排熱を直接有効利用できるため、排熱を利用しない火力発電と比べて環境に優しい事や、発電した分、電気使用量が減るため、電気料金が安くなるといったメリットがある。ガス給湯器と比べるとイニシャルコストが高い事や、停電時には発電できない等といったデメリットもある。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android