コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゴサーチ エゴサーチ

2件 の用語解説(エゴサーチの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エゴサーチ

egosearchingから》自分の名前やハンドルネームサイト名、社名などをサーチエンジンで検索し、他者による評価を調べる行為。エゴサーフィン。
[補説]いわれのない誹謗(ひぼう)中傷や意図せぬ個人情報などが書かれている場合があり、それらに過剰に反応することで精神的苦痛を受けるといった弊害が指摘されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

エゴサーチ

自分自身や自分に直接関係する物事がどのように受け取られているかをインターネット上で調べること。「ego=自我、自己像」と「search=調べる、検索する」の合成語。略名「エゴサ」、別名「エゴサーフィン」。検索サイトSNSなどを用いて、自分の名前やハンドル名、運営するブログ・ウェブサイトの名称やそのURL、自分の作品の名称などを検索することにより行われる。自分のことを気にしすぎる(自意識過剰)行為として、否定的に用いられることが多い。日本では2005年に、株式会社はてなによるウェブサービスはてなダイアリーキーワード」の中から採用され『現代用語の基礎知識2006』(自由国民社)に掲載された。

(2016-5-12)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エゴサーチの関連情報