コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスターハーズィー城 エスターハーズィーじょう

1件 の用語解説(エスターハーズィー城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

エスターハーズィーじょう【エスターハーズィー城】

オーストリア東部の都市アイゼンシュタット(Eisenstadt)にある、ハンガリー最大の名門貴族エスターハーズィー公の居館だった建物。オーストリア・ハンガリー帝国当時、アイゼンシュタットはハンガリー領に属し、その領主がエスターハーズィー公だった。古典派の作曲家フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(1732~1809年)は、その生涯の大半をエスターハーズィー公に仕えたことから、ハイドンゆかりの建物でもある。館内にはハイドンが使った楽器の間のほか、当時の図書室や豪華な食器類などが公開されている。なお、アイゼンシュタットにはハイドン博物館がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エスターハーズィー城の関連キーワードアイゼンシュタットオーストリア併合クロンシュタットシュタイクアイゼンエステルハージ宮殿テレージエンシュタットハイリゲンシュタットベルク教会ヘルマンシュタットケーゲルシュタット・トリオ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone