コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスパス-ヴァン-ゴッホ エスパスヴァンゴッホEspace Van Gogh

世界の観光地名がわかる事典の解説

エスパスヴァンゴッホ【エスパス-ヴァン-ゴッホ】
Espace Van Gogh

フランス南部、地中海沿岸の都市アルル(Arles)郊外のサンレミドプロバンス(Saint-Remy-de-Provence)にある、元サンポールドモゾル修道院の精神病院の中庭。アルル駅から徒歩約30分で、バスも運行している。ゴッホ(Vincent van Gogh、1853~1890年)は1888年にアルルに居を構え、ゴッホの招待に応じてアルルにやってきたゴーギャン(Eugene Henri Paul Gauguin、1848~1903年)と芸術活動を展開するが、翌1889年に精神を病んで左の耳朶(じだ)を切り取ってしまったゴッホは、自らこの病院に入院して療養生活を送った(なお、ゴッホの耳朶を切り落としたのはゴーギャンとする説もある)。ゴッホはこの病院での療養中にも、いくつかの作品を残しているが、その一つが「アルル療養所の中庭」である。この絵画に基づいて中庭が再現されている。元病院の敷地は現在、図書館、店舗などが入った総合文化センターになっている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android