コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳朶 ジダ

デジタル大辞泉の解説

じ‐だ【耳×朶】

みみたぶ。
みみ。
「糸の音が再び落ちつきかけた―に響く」〈漱石・幻影の盾〉

みみ‐たぶ【耳×朶/耳×埵】

[名・形動]
耳の下に垂れ下がったやわらかな部分。じだ。みみたぼ。みみたび。
1の厚いのを福相とする俗説から》福運があること。また、そのさま。
「ちっと―な当りがあるから」〈逍遥当世書生気質

みみ‐たぼ【耳×朶/耳×埵】

みみたぶ」の音変化。
「―が火の如くかっと真紅(まっか)になり」〈円朝怪談牡丹灯籠

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耳朶
みみたぶ

耳垂」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の耳朶の言及

【耳】より

…クジラ類のこのような特殊な耳の構造が何を意味するのか十分明らかになっていない。また哺乳類では,音の通路である外耳道よりさらに外側に,軟骨性骨格をもつ複雑な形の耳介(耳翼(じよく),耳殻(みみがら),耳朶(じだ)ともいう)が発達し,集音装置として機能する。哺乳類の多くはいくつかの耳介筋によって耳介の向きを変えることができるが,霊長類のようにふつう動かすことのできないグループも少なくない。…

※「耳朶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

耳朶の関連キーワード辭・事・似・侍・児・兒・地・字・寺・峙・怩・恃・慈・持・時・次・治・滋・爾・璽・痔・磁・示・耳・自・辞・餌兌・唾・堕・墮・妥・惰・懦・打・拿・朶・楕・舵・蛇・陀・駄エスパス急性限局性外耳道炎(耳)レグホーン[種]オルド(斡魯朶)袋耳(埋没耳)ビットルフ現象耳の形態異常灰谷健次郎南市食品街重兼 芳子ニワトリ人種形質音の感覚尾長鶏三河種小耳症耳朶脳波

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耳朶の関連情報