エスピシェル岩(読み)エスピシェルがん(英語表記)espichellite

岩石学辞典の解説

エスピシェル岩

アナルサイムをもつ角閃石コンプトン岩である.マフィックのランプロファイア質の脈岩で,橄欖(かんらん)石とバーケヴィ閃石の大きな斑晶と輝石,磁鉄鉱,黄鉄鉱の小さな斑晶が,様々なマフイック鉱物,正長石の縁をもつラブラドライト,変質鉱物などからなる石基に含まれる[Souza-Brandao : 1907].ポルトガル,リスボン(Lisbon)近くのエスピシェル(Espichel)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android