コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスピシェル岩 エスピシェルがん espichellite

1件 の用語解説(エスピシェル岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

エスピシェル岩

アナルサイムをもつ角閃石コンプトン岩である.マフィックのランプロファイア質の脈岩で,橄欖(かんらん)石とバーケヴィ閃石の大きな斑晶と輝石,磁鉄鉱黄鉄鉱の小さな斑晶が,様々なマフイック鉱物,正長石の縁をもつラブラドライト,変質鉱物などからなる石基に含まれる[Souza-Brandao : 1907].ポルトガルリスボン(Lisbon)近くのエスピシェル(Espichel)に因む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エスピシェル岩の関連キーワードコンプトンアナルサイム岩ガウテ岩アナルサイム閃長岩シャカン岩カルトン岩ダンカライトアナルサイト・オージタイトカンプトスペサルタイトカンプトン岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone