コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脈岩 みゃくがんdike rock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脈岩
みゃくがん
dike rock

岩脈をなして貫入した産状を呈する火成岩。のちにこの産状の岩石半深成岩と呼んだので半深成岩と同義語に用いられたが,実際は半深成岩から噴出岩までの組織をもつので,深成岩と噴出岩の中間の岩石組織として脈岩は用いなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みゃく‐がん【脈岩】

岩脈を構成する火成岩。半深成岩が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

脈岩

岩脈(dike, dyke)と同じに使用することが多いが,岩脈は岩体の産状を指し,脈岩は岩石としての名称で,脈岩はdike rockとして使用するほうが分かりやすい.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

みゃくがん【脈岩】

岩脈をつくる火成岩。 → 岩脈

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脈岩
みゃくがん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

脈岩の関連キーワードアウイン閃長岩アプライトゲブライトバイフルケイテッドヒン(【ひん】)岩貫入性ペグマタイト斑糲ネルソナイト灰霞石チングア岩ソーダミネットアシャファイトモントハルデ岩ニューランズ岩サイエニタイトアロシェット岩不整合貫入岩体オデンワルト岩ラウハウグ岩ゼルベルヒ岩ウェセルン岩アンツォイ岩ゼノファイア

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脈岩の関連情報