コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エソンヌ県 エソンヌEssonne

1件 の用語解説(エソンヌ県の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エソンヌ〔県〕
エソンヌ
Essonne

フランス北部,イルドフランス地域 (レジオン) の県。 1964年のパリ地区再編成に伴って創設。県都エブリ。工業地区は古くから県北東部のセーヌ川沿いに立地。製粉・製紙工業地のコルベイユエソンヌ地区では最近電子工業も発展。またアティスモンでは建設,鉄鋼,化学工業が立地する。この2工業地区間に,セナールの森を含み,エブリを中心とする郊外住宅地帯がある。高速道路の完成以来,住宅地帯の発展は著しく,高層団地も建設されてきた。その西側では,ロンジュモーなどに工業地区も造成されている。県北西部,イベットの谷の下流部にも,パレゾーを中心に郊外電車に沿って首都通勤者用の団地,電子工業地区,パリ大学の理学部 (オルセ) などの建設が行われた。この谷の南側はユルポア台地で,コムギの栽培地帯。その南に続くボース台地も同様に大農家が多い地帯である。西部オルジュ川上流域のドゥールダン,南東部エソンヌ川上流域のミリーラフォレの両地区には森林や別荘が散在する。面積 1804km2。人口 108万 4824 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エソンヌ県の関連情報